横吸い口付カップの特許を取得した経緯

5年前に、天命だと思って、カッピング(吸い玉)の会社を始めましたが、
一人暮らしの方が多く、
また、家族がいても理解してもらえない、或いは、忙しくてなかなか背中をやってもらえないという方が、
とても多いことに気が付きました。

そこで、背中も自分でできる器具をつくろうと、
夢にまで出てくるくらい考えに考えました。
紙粘土でいろいろ作ってみたり、
試作品の会社に相談に行ったり。。。

そして、ある日、
そうだ! 横にも吸い口をつければ、
直接ポンプで吸引しても、延長ホースを使っても、
自分で出来る範囲が大幅に広がる!と気が付きました。

横浜市の企業経営支援財団に紹介された特許事務所に相談に乗っていただき、
横の吸い口も含んだ特許を日本と中国に出願しました。

それから4年、晴れて正式登録がなされ、特許証が届きました。(2012年8月)
特許事務所の先生に何度も言われたことですが、
ビジネスに結びつかない特許をとっても仕方ないと。

でも、横に吸い口をつけた【Joyカップ】は、
いつでも、自分で背中にも、肩にも、首にも、わき腹にも、腕にも、内ももにも、ふくらはぎの裏にも、
気軽にカッピングができる優れものとして、
お客様に喜んでいただいています。

最初は体が硬くて、背中には自分でやりづらいですが、
コツをつかむと、ほぼ背中全体に自分でできます。
ですから、とっても誇らしい特許証として、壁に飾っています。